子供を望む夫婦に朗報!高度生殖医療で新しい命を授かれる

母と子

いろいろ改善しよう

整体

不妊治療の一貫として、婦人科通院に加えて不妊整体を受ける人が多くなってきています。吉祥寺には不妊整体の專門院があります。まずは調べて比較してみましょう。体の歪みや冷え性改善などに役立つため、妊娠への道へと近づけるかもしれません。

Read More...

必要な栄養

婦人

葉酸は男女共に欠かせない栄養素となります。特に、妊娠初期では様々なトラブルの軽減に効果があると言われます。この栄養素は不足しがちなものなので葉酸サプリを上手に使うことが大事になります。健康な成長の為にも、意識的に摂る事を考えましょう。

Read More...

主な不妊治療の種類

医者と患者

代表的方法とその特徴

子供を望む夫婦にとって、不妊は避けたい悩みの種と言える状況です。そして現代では不妊に対する意識や注目度も上がってきていると言われています。こうした不妊に対する治療方法として現代では、高度生殖医療と呼ばれる技術が確立されてきています。高度生殖医療での具体的な対処として、代表的な種類に挙げられるのが人工授精、体外受精、顕微授精の3つとされています。これらはいずれも医療技術によって、通常では受精ができない精子と卵子を受精しやすくする狙いがあります。人工授精は洗浄した精子を胎内の受精しやすい場所に注入する方法です。体外受精は卵子と精子を体外で接触させた後、受精した卵子を胎内に戻す方法です。そして顕微授精は取り出した精子と卵子を顕微鏡で観察しながら直接注入し、受精を試みる方法とされています。人工授精の場合、およそ5回前後で妊娠する確率が9割程とされており、人工授精での治療が芳しく無い場合には体外受精あるいは顕微授精へと移行するケースもあるとされます。

注目度を上げた理由と利点

一般的には卵子および精子の状態を検査で調べた上で、どの方法による受精を試みるかを勧められるケースが多いとされています。こうした高度生殖医療が注目される様になった理由として、いくつかの面やメリットの存在が挙げられます。まず高度生殖医療のメリットとなるのが、受精確率を向上させるという点そのモノになります。高度生殖医療では通常の環境では受精が出来ない様な、精子の運動力や卵子あるいは卵巣の問題などを抱えるケースに対して有効とされています。そして費用に関しては保険適用外とされているものの、現在では条件を満たした場合における助成金対象となっており、患者の経済的な負担減に繋げています。また高度生殖医療は妊娠適齢期を過ぎた母体では不可欠となるケースが多い事もあって、近年の出産高齢化も注目度を上げた理由として挙げられています。

東洋医学で体を整える

鍼灸

不妊治療がうまくいかないときには鍼灸院に通うのも一つです。体全体の調子を整え、妊娠しやすい体を作ります。鍼灸は西洋医学と並行して受けることができます。不妊専門の鍼灸院もありますので、初めての方でも安心して治療が受けられるでしょう。

Read More...