東洋医学で体を整える|子供を望む夫婦に朗報!高度生殖医療で新しい命を授かれる

子供を望む夫婦に朗報!高度生殖医療で新しい命を授かれる

男女

東洋医学で体を整える

鍼灸

まずは体づくり

レディースクリニックや婦人科で不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠まで至らない、と悩む方も多くいます。そんな時には、クリニックでの不妊治療と並行して、鍼灸院などで東洋医学の治療を受けてみるのもいいかもしれません。東洋医学の考え方は、西洋医学のそれと少し違います。東洋医学で大切なのは体のバランスを整え、おのずから妊娠しやすい体を作ることです。近年、妊娠にまず重要なのは卵や精子の質である、と言われています。質の良い卵が体内で作られなくては、なかなかしっかりと育つ受精卵になりません。西洋医学なら排卵誘発剤などを使用して排卵を促すことはできます。しかし、卵の質を上げるためには、薬ではどうにもならず、やはり鍼灸院等での東洋医学が向いているのです。

どんなステージでも

鍼灸院での治療の良いところは、薬などを使用しないため、レディースクリニックなどでの治療と並行して行えることです。また、体全体を整える治療ですから不妊治療中はもちろんのこと、着床後、妊娠中、産後どのステージであっても体の状態にあわせてケアを受けることができるのです。ただ、鍼灸院によって得意とする分野が違うこともあります。もし、今クリニックで行っている治療や、薬のことなど、いろいろな相談もしたいのならば、不妊専門の鍼灸院が向いています。不妊治療に特化した鍼灸院であれば、不妊治療への理解も深く、多くの臨床実績があります。そのため鍼灸を受けるのは初めて、という方でも安心して治療を受けることができるでしょう。